Dona machgaea's reblog Logs
「趣味は上達すると面白い」は正解だと思うんだけど、割と多数の日本人は「趣味は上達しないといけない」「上達しないなら、最初からやらないほうがマシ。時間と金と体力のムダ」みたいな思考があると聞いた。一方外国では「ボクは○○が趣味なんだ!スコアは万年初心者だけどね!」なんかも多い
senshi-choni:

こいしちゃん
Pixiv ID: 42892914Member: スコッティ@例大祭つ07b

senshi-choni:

こいしちゃん

Pixiv ID: 42892914
Member: スコッティ@例大祭つ07b

landdizzy:

さとり | -HIRO- [pixiv]

landdizzy:

さとり | -HIRO- [pixiv]

shiinasan:

Nightmare
Pixiv ID: 6908823
Member: Dhiea

shiinasan:

Nightmare

Pixiv ID: 6908823

Member: Dhiea

1)ポップなノリツッコミの独白を完成したのが滝本。
2)難解な漢語多用による衒学文体が米澤と森見。
3)哲学概念を詰め込んだセカイ系脚本が村上春樹。

この3系統を史上初めて統合した作品が「ハルヒ」だ。

「いい歳してゲームなんて」とか言われることはたまにあるけど、そういうこと言うタイプの人は相手が若くても子供でも「あなたは今ゲームやるべき」とは言わないよね。結局いい歳とか関係なくゲームが嫌いなだけだろ

ちょっと乱暴なこと言うと、Googleの最大のイノベーションが検索で、その次がGmail、そしてGoogle Mapです。

それ以降、正直大きなイノベーションは起きてません。

どんな家をどうつくるかということに関して、今の日本にはノウハウがないんです。
僕の父も「こういうふうに家をつくりなさい」とは教えてくれなかった。学校の先生もそうです。なぜなら、この五十年ほどで、日本はコミュニティーのかたちも、家族のかたちも、コミュニケーションの方法も激変したからです。直系の大家族がいっしょに住んで、土間で作業をしたり、そういう生活だったんですよ、ついふた世代前までは。だけど、この50年で完璧に変わっちゃいましたね。昔は蜜柑が田舎から送られてくると、隣近所にお裾分けにいったりしましたけど、最近はお隣りさんとも会いません。だから、どうやって家をしつらえたらいいかなんて、親は子に教えられないし、学校でも教えられない。知恵が社会の中に蓄積されていないんです。
では、どこで学習するかというと、不動産屋のチラシで学習している。2LDKより3LDKのほうがいい、みたいな、家に対する欲望がそういうところで貧しく育成されている。日本人の家に対する欲望ってそんなところで寸止めになっているんですね。だから僕は欲望のエデュケーションということを最近は考えるようになった。
nagisashiota:

闇を操りたいなら